『スタンダール』より
“愛情には一つの法則しかない。
 それは愛する人を幸せにすることだ”

『マクスウェル・マルツ』より
“あなたは成功するようにできている”

『吉村作治』より
“目の前にあることはとにかく一所懸命やる。
 でもそれにたぶらかされてはいけない。
 その向こうに必ず待っている、自分がやるべきことがある。
 だからこそいまのことをちゃんと克服するという、
 ダブルスタンダードできているんですよ。
 遠くにあることはもやもやした状態で構わない。”

『シェークスピア』より
“世の中には幸福も不幸もない。
 ただ、考え方でどうにでもなるのだ”

『オリソン・マーデン』より
“ベストを尽くせば負けることはない”

『ガブリエル・シャネル』より
“二十歳の顔は、自然の贈り物。
 五十歳の顔は、あなたの功績。”

『セネカ』より
“いまこの瞬間のために生きよ!”

『本田宗一郎』より
“人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である”

『東国原英夫』より
“好きなことをやらせてもらっているから、自分を甘えさせたくなかったんです。
 それにマラソンをやっていると、どんな苦しみもヘッチャラになるんですよ。
 肉体的にも精神的にもこれ以上の苦しみはないから、何があっても乗り越えられるはずだと。
 限界ラインを基準化するために、つらい経験を常時しておく必要がその頃の僕にはあったんです。”

“継続は力なり”

『堀之内九一郎』より
“道を決める時、欲で決めるな。
 人を見る時、損得で見るな。”

『金本知憲』より
“ケガをしていても、いわなければケガではな”
 
〜満足に走れないのならホームランを狙え。
 足が痛くて20メートルの全力疾走ができなくても10メートルを思いっきり走れ。
 右手が使えないのなら左手で打て。〜

『タイガー・ウッズ』より
“強さの向こうに夢がある”

『ホロビッツ』より
“100回の練習をして、101回の練習をコンサートでするから、音楽にならないのです。”

『シラー』より
“狭いところに閉じこもっていると心が狭くなる。
人間は夢を大きく持つことで成長するのだ。”

『井上靖』より
“努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る”

『広岡達朗』より
“人を指導するということは、その相手とじっくり向かい合って、根くらべをすることなのだ。”

『エマーソン』より
“よき友人を得る唯一の方法は、まず自分が人のよき友人になることである”

『生きるヒント2(五木寛之著)』より
“夢見ることは、人間にとって大事なことです。
 心にも大事だし、体にとっても大事なのではないでしょうか”

『大越俊夫』より
“失敗したときは、「ダメだ」と思わず「悔しい」と思うべし。
 諦めた時、失敗は本当の失敗になるが、
 諦めないかぎり、それは未来につながる「意味のある失敗」となるから。”