『アルバート・アインシュタイン』より
“生き方には二通りしかありません。
 奇跡はどこにもないという生き方と、すべてが奇跡だという生き方です。』”

『野村克也』より
“限界を超えたところから真の戦いが始まる”

『本田宗一郎』より
“困らなきゃだめです
 人間というのは困ることだ
 絶対絶命のときに出る力が本当の力なんだ
 人間はやろうと思えば大抵のことは出来るんだから”

“つまずいた勢いでスタート”

『勝新太郎』より
“大統領や総理大臣には代わりがいるだろうが、オレの代りはいないんだ。”

『(外科医 須磨久善(海堂尊著)』より
“一人前になるには地獄を見なければならない。
 だけどそれでは所詮二流です。

 一流になるには、地獄を知り、その上で地獄を忘れなくてはなりません。
 地獄に引きずられているようではまだまだ未熟ですね。”

『スティーヴン・ホーキング(物理学者)』より
“私が人生で学んだことは自分が今もっている力を全部使えということです。”

『マーチャンダイジングの知識(田島義博)』より
“計画のない実践は、海図のない航海に似ています。
 それは航海というより漂流です。”

“死ぬ気でがんばりなさい。死なないから! ”

『マーク・トウェイン』より
“悲しみなら自分だけで処理できるが、喜びを存分に味わうには、誰かと分かち合わなければならない”

“失敗しなかった一日は、何もしなかった一日”

“今日行うことが重要なのは、それを自分の人生の1日と交換するからだ。”

『草壁メイ(となりのトトロ)』より
“夢だけど、夢じゃなかった!”

『ウィンストン・チャーチル』より
“成功とは、情熱を失うことなく1つの失敗から別の失敗へと移行できる能力だ!”

『外科医須磨久善(海堂尊著)』より
“洋の東西を問わず、成功者に対する嫉妬は根深い。”

『夏目漱石』より
“人間の目的は、生まれた本人が、本人自身でつくったものでなければならない。”

『鳥井信治郎』より
“やってみなはれ。やらなわかりまへんで”

新渡戸稲造』より
“逆境にある人は常に「もう少しだ」と思って進むとよい
 いずれの日か、前途に光明を望むことを疑わない”

『心の休ませ方(加藤諦三)』より
“生きることに疲れた時は、まさにあなたの生き方を変える時である。

 生きることに疲れた時は、幸運へのターニングポイントである。

 生きることに疲れた時は、あなたの人生の節目なのである。
 節目があるから竹は先に伸びて行ける。”

『ありがとうは、心の底から』より
“挨拶が出来ないクズにはなりたくない。
 でも、ありがとうを口癖にすると、あいづちのように使ってしまう。
 ありがとうはお礼のときに使う魔法の言葉。
 どんなときに使っても、ありがとうは心の底から。”